納車も近いことだし試乗時の印象を残しておこうかな

ABARTH(アバルト)595に乗る前提としてまず留意しておきたいのが、「フィアット500がベースである」ということです。

フィアット500はあのキャラクター、世界観が好きかどうかで乗るもので、他車と比べて乗り心地がどうこうと言うものじゃないと思っています。

僕はフィアット500をチューンナップしたアバルト595もその延長線上で見るべきだと考えており、そのため試乗する上で重視したのは「その乗り心地が許容範囲にあるかどうか」と、「思い描いていた世界観がそこにあるか」です。

試乗車の関係で、ベースグレードでMTの感覚を体験して、コンペのATでコンペの乗り心地を体験するという形になりました。

乗り心地が許容範囲内であるかどうか

足回りの硬さ

ベースグレードを走らせてすぐに感じたのは、思いの外、乗り心地が良かったことです。むしろしっかりしていて安心感があるぐらいで、下手に快適さを出そうとして失敗いている車より挙動に納得感があって、僕としては好感が持てました。

コンペティツィオーネは当然それよりも硬いですが、それでも僕の想像ほどの硬さはなかったので、これなら大丈夫そうです。

シートの硬さ

シートはベースグレードの方が確かに快適で、これに座って不快だということは無さそうです。しかしサポートが心もとない感じがして、カーブで体がずれることがありました。

一方でコンペティツィオーネは明らかに硬くて、「決められたところ以外には絶対に座らせない」と言わんばかりです。これに長時間座るとどうなるかは正直不安を感じますが、そう長距離走らないだろうし、カーブでしっかりサポートしてくれるというメリットを思うと、まあなんとかなりそうです。

車内の広さ

車内は確かに狭いですが、後席に子供が座るぶんは問題ありません(ISOFIXにも対応してた)。荷物も工夫すれば十分載るので、日常使いで困るとことは少なさそうです。

なんとかなりそう

ということで、アバルト595は乗る人が車に合わせなければならない部分の多い車ですが、考えてみれば4人乗せようと思えば乗れて、荷室もあって、エアコンがあるのだから、少々硬い乗り心地でもぜんぜん大丈夫ですね。

思い描いていた世界観がそこにあるか

僕がアバルト595に対して抱いていたイメージは、「愛くるしい外観」と「個性的な内装」、そして「刺激的な走行」です。

見た目はもうそれだけで合格。最高です。

フィアット500のおしゃれで可愛い要素と、そこにレーシーさが加わって独特のかっこかわいい姿をしています。街中で見かけているのでよく知った外観ではありますが、改めてショールームで見ても「これいいな!」という印象は全く変わりません。

一目でアバルト595に乗っていることが分かる内装

乗り込んでみて目に入るのは、チープか高級かとは別次元の、そこにいるだけで楽しくなるような空間でした。僕は現在の高級感を偏重した演出にうんざりしているところがあって、高級さは求めていません。アバルト595はひとつひとつを見るとチープさはあるかも知れませんが、そもそも高級車ではないし、それよりも使用者の利便性をも無視したかのような潔いデザインは好感が持てました。

マフラーサウンドも最高

マフラーサウンドは期待以上で、非常にエキサイティング。ベースグレードの素の音ですら初めて聴くとオプションのレコードモンツァを付けているのかと思うぐらいです。さすがはアバルト、マフラーを売ってレースをやってただけあります。運転するたびにこれを聴けるかと思うと、それだけで乗る価値があるのではないでしょうか。

運転している実感のある走り

ステアリングは重めの設定で、足回りは硬めです。そこに刺激的な排気音とパワフルなエンジンが加わると、運転そのものが濃厚に感じられました。短時間の試乗なのでわからない部分の方が多いですが、それでももうちょっと運転してもっと味わいたいと思う、そんな走りでした。

すごく魅力的な車だとおもう

乗り心地は予想より良く、その世界観も期待どおりでした。アバルト595でしか味わえない世界がそこにあり、申し分ない車だと思います。

アバルト595のベースであるフィアット500は、そもそも「マーケティング的に正しい」より「フィアット500はこうあるべき」を追求した車で、それは短時間の試乗でも十分感じられるものでした。数字や実用性を見ていくとどうしても他車と見劣りするのに、なぜかこの車に乗りたいと思わせられます。

そして最後に購入に踏み切れた理由に、ディーラーの対応があります。

子ども同伴であったにも関わらず快く受け入れてくれ、むしろ気遣ってくれる面もあり、とてもありがたかったです。

おすすめの記事